Carlan's Dream いまのきもち

アクセスカウンタ

zoom RSS 個人情報は盗まれるもの?

<<   作成日時 : 2005/06/25 01:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

大手のクレジットカードの情報流出事件が起きた。
なんだかこういうことに慣れっこになってしまうと、「へ〜〜」で終わってしまう。
しかし、今度はかなり大量のようだ。
短期間のうちに、不正使用による被害総額が1億円を超えたという。
1回数百円から、2、3万円程度のものを何度も……。
あるいは数枚……。
私が持っているのも、夫が持っているのも入っているが、今までは不正利用はない。
が、今月あたりからの請求明細を見てみないとわからない。

確かにカードがあると便利だ。
あれが買いたいが今は持ち合わせがない。
しかし、カードはある。
早くて来月の引き落としまでには銀行に入金できる。
えい、カードで買っちゃえ。
そうだ、私はそうして東芝ダイナブックを買ったのだ。
以前、見たときはなかったんだもの。
今度来たときはないかもしれない。
そういう時、カードで購入し、自分のものにすることができるんだもの。
ネットでもショッピングはカードがあると、余分なものを払わなくていい場合がある。
多くは代引きの手数料だったりするが、支払いに銀行や郵便局に行く手間さえも省ける。
おまけに田舎暮らしの私には、近隣のショップに行っても売ってないものが買える。
いや、ネットにつなぐのでさえ、その利用料はカード払いだ。
私は複数のネットを利用し、その一つがカード払いオンリーだったような気がする。
今はBIGLOBEだけになって、カードの便利さにBIGLOBEもカード払いにしようと思った。
それまでは口座振替・自動引き落としにしていた。
今でも、BIGLOBEは口座振替・自動引き落としで利用できるようだ。

そうだ、カードを使うことになって、とても不思議な気がしたのを覚えている。
「なんで私、使えるのかな」

話はン十年前にさかのぼる。
私はある大手のデパートの売り子さんをしていた。
デパートの社員さんから「Carlanさん、ぜひうちの店のクレジットカード(カードの名前があった)に入って」という。
入会の規約を見ると、最低限の年収が記載されていた。
私ががんばってこの店で1年間働いたとしても到底届かない数字だった。
だって、私は今でいうパートだったので、時間給・就労時間を考えても大幅にアップしてもらわなければ、その店が発行するカードにも入会できなかったのだ。
夫は当時、無職であった。
「私は無理」
「あら、そうなん? この店の社員なのに?」
社員さんはパート社員がどういうものか、わかっていない人が多かった。
私はパートとしてはフルタイムだったが、ほかのパート社員は数時間と短かったからというのもあるかもしれない。
フルタイムのパートがいるなんて思わなかったんだろう。
「なんだか知らないけど、Carlanさんのお宅から誰か入ってもらえればいいわ」というので、結局、我が家で唯一働いていた夫の姉に入ってもらって何とかノルマ?を果たした。
そのとき、私も夫も一応入会申し込みをした。
形だけでいいというのだ。
きっとこれはその社員さんのノルマだったのだろう。
答は「こんなんでは、どこのクレジット会社のものもパスしません」という答だったのだ。
規約を読んでいるから、「当然」と感じたが、社会から跳ね飛ばされた感じもしないではなかった。

カードに入会できたのは、それから10年近くたってからだと思う。
そのあいだにも、ローン会社がいっぱいでき、学生さんだってカードを持てる時代になった。
銀行にお金がなくてもカードが持てるなんて変なことになったなあ、と思ったことが何度かあった。
そういうのに慣れてくると、年間小遣い程度しか稼がない(稼いだことにならないか)私でもカードをもてることが不思議でなくなるから、不思議だ。

まあ所詮どう転んでも、それほどの金はないので、使うときにも使ったときにも神経を尖らすことになる。
店でもらった領収書は、カード会社の明細と突き合わすまで残し、銀行の通帳の記載まで確認する。
その明細書にも個人情報は満載だから、おいそれと捨てられない。

夫はそういうことは一切しない人だから、カード会社の明細が来ると、私が見ることになる。
「これなに? これどこで使ったん?」と聞くことがある。
私の銀行から引き落とされるものでもないのに……。
だって、カードの情報は盗まれるものと思っている。
カードの期限が切れて、カード番号が更新されるところもあるが、そのまま引き継がれるところもある。
引き継がれた古いカードはがんばってはさみで切り刻む。

現金やものが盗まれるのも気持ちが悪いが、それを通り越すと、「まああれは(犯人に)くれてやったと思おう」と思って慰めることができても、カードなどはそういうわけにはいかない。
誰かが私に成りすまして、自分の名前を、情報を好きなように使われている、という感覚はすごくおぞましいと思う。
便利だから、いいんではなくて、便利である半面、リスクは大きいと思わないと、小心者は使えない。

だから、住基ネットカードなんてもっととんでもない、と思えてくる。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
自分はカードは一社しか契約していません。
他人はどうか分かりませんが数枚持っている人って多いのかな?

今現在、ASAHI-NETの支払いに自分のIDと父のIDをこのカードで払っているけど、父がカードを持っていると今日初めて聞いたので支払いを独立させるべく説得。
この事件のおかげで父はびびっている様子なのですが・・・

カードの請求書を見てみるとさすがにカード番号は全部記載されていませんね。

明細はWebでも確認できるようになったので郵送しないように変更したかったのですがこのカードだと無理っぽい。

請求内容はいつもと同じなのでとりあえず心配ないようです。

2005/06/25 23:08
お父様がびびるのは理解できますね。
使わなくてもカードを持っているだけで、個人情報はデータ化されていますものね。
今回の事件は、クレジット会社そのものが持っている個人情報が流出したのではなく、中間で処理をしている会社のデータが流出しているとのこと。私にはそれがどういう会社なのか、見当がつきませんが、なんにしても領収書や請求書の類は残しておけということになるでしょうね。不審な支払いはクレジット会社でも調査してくれるはずですから。
今回の件では小額でデイリー的に使っている人は狙われやすいのかも。カード偽造者は買い物履歴もしっかり見ているみたいですよ。
Carlan
2005/06/27 10:04
三井住友カードなど、カード情報流出の有無をネットからも確認可能に
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/06/27/8166.html

三井住友VISAカード(混雑しまくりなので表示されない場合もあるが更新すれば見えます)
https://www.smbc-card.com/vp/checkmember.do

NICOS | お客様のカードが米国での情報流出のカードかどうかご確認が出来ます
http://www.nicos.co.jp/info_caution/050627.html

父のはカード変更しました。

2005/07/04 02:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
個人情報は盗まれるもの? Carlan's Dream いまのきもち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる