Carlan's Dream いまのきもち

アクセスカウンタ

zoom RSS 老化現象を持つ人が多いんだな、きっと

<<   作成日時 : 2005/07/31 17:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

夏は暑い。
このあたりまえのことに私たちは毎夏なれなくて、うだって、辟易している。
そこへもって義父の老化現象にも私たち一家は翻弄されている。
実父を時々みていた姉などは、「うちは、お父ちゃんが子どもに返ったと思うたよ。そう思えば、あまり腹を立てなくなる」と言ってくれたが、現実問題、私は義父を尊敬もしているので、「子ども」に返ったとは思えないのだ。
私が義父を「子ども」に返ったとみることができない理由はいろいろある。
私自身、「子ども」はあまり好きではないこともある。
確かに、義父は子ども地味たことをいうこともある。
何でも口に出して、私たちの失笑を買ったり、叱責されたりしている。
それが老化現象なのかどうか、私にはよくわからないが、あれだけ地位や学力があった人が、年老いることを認識したくなくて、無理難題を言うのもなんだかプライドをそこまで捨てるかと言う感じもしないでもない。
だけど、義父は義父なんだ。
義父が経験してきたこと、常日頃思っていることが、「大人」だった過去には回りのことを配慮して沈黙していたことが、今この年齢になってなりふりかまわず出ていると思う。
それはそれ、義父だからできることなのだ、言えることなのだと思う。

だが、それを公然と言えるかというと、それは無理だと思うのだ。
我が家でしか通じないし、我が家でも通じないこともいっぱいある。
義父の社会的地位と人格を守るためには、周りにいる私たち家族が犠牲になることだと思う。

しかし、世の中には公然と「子どものような」考えや行動を地位を利用してやっちゃう恥ずかしい人もいっぱいいる。
そういう人に回りからいろいろ言っても駄目だし、口もふさぎようがないのだろう。

JR西日本の今年の目標は「稼ぐ」だった。
そうしてあの事故は起きた。

アスベストによる健康被害問題にしても、JR西の論理とあまり違わないのではないかと思う。
いや、社会が「早くて安くて簡単便利」を求めつづけた結果だ。
国際的に問題があることが分かっているのに、使いつづけた理由はそこにある気がする。
潜伏期間が長いことで「自分の生涯にはさほど影響がない」と思った人たち。
自分どころか、周りに住んでいる人たち、子孫を巻き込む建設資材を使いつづけようとした結果だと思えて仕方がない。

郵政民営化法案で自民党は大揺れだし、小泉首相などのごり押しで自民党も分裂の危機。
というか、こういう仕方が通れば、議会政治って何なの? と言いたくなる。
小泉首相にとって自分に反対する人は「斬る!」しかないのだろう。
これではキレル子どもだけではなく、大人が増えたって不思議ではない。

私の関心のある難民問題だってそうだ。
母国に帰ると、迫害の恐れがあるという理由で在留希望を持つ人をこの国はいとも簡単に送還してしまう。
たった一人送還させるのに10人から15人の職員を要し、周りの収容者の感情を少しも配慮しないやり方で……。
難民申請の方法をまったく説明せず「申請が遅い、うそをついている」では、外国人だって「はぁっ!?」といいたくもなる。
入管職員だって一応公務員のはずだ。
公務員は公僕であるはずだが、どうも公僕の「公」を取り違えているように思われてならない。

以前からきっとそうだったんだろう。
だから、私たちは国のやっていることに半ばあきれながら、半ばあきらめながら、日常を過ごしているとしか思えない。
私たちは老化現象に陥っている人たちを社会の面前に置くことはないと思う。
ただし、面倒は見ていかないといけないが。

この老化現象は、老人特有のものではない。
若い人にだってあり得ると思われる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
郵政民営化もイヤ、解散もイヤ、これって駄々っ子じゃ?
{/hiyoko_cloud/}片山参院幹事長「強硬な反対派は2ケタだ」 讀読新聞「可決の確信がなくても、採決に踏み切る?」 {/hiyoko_cloud/}片山参院幹事長「出来るだけ確信は持ちたいが、持てるかどうか分からない。ずるずる引き延ばしても仕方ない。ある時点になれば、踏み切らざるを得ない」 讀読新聞「解散になっても幹事長には関係ありませんから?」 {/hiyoko_cloud/}片山参院幹事長「継続審議は結論の先送り。総合的な判断として、今国会で決着を付けたほうが良い」 讀読新聞「そ〜... ...続きを見る
讀読新聞blog版
2005/07/31 19:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
老化現象を持つ人が多いんだな、きっと Carlan's Dream いまのきもち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる