Carlan's Dream いまのきもち

アクセスカウンタ

zoom RSS 「共謀罪」創設に黄色信号?

<<   作成日時 : 2005/10/17 01:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

友人からのメールを貼り付ける。
タイトルもそのままだけど、公明党の議員ががんばってくれているらしい。
まだまだ先行きは分からないが、大急ぎでつくられる法案には穴だらけだってことだと思う。

「共謀罪」創設に黄色信号?
皆様へ

「共謀罪」成立に反対・抗議する京都署名」
http://kyobozai.hpcity.jp/
をしております、里中です。
たくさんの皆さんに同時に送信していますので、
失礼のほどはお許しください。

10/8より始めた請願署名は、
おかげさまで、驚くべき拡がりを見せています。
全国から続々と署名が郵送されてきます。
皆さん、ありがとうございます!

あてには出来ませんが、読売新聞が下記のような
ニュースを配信しています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051015-00000115-yom-pol

反対運動側を安心させるためか、
どこまで本当か分かりませんが、
もし、与党内で修正する時間も無いのなら、
再び、廃案ということも考えられなくもありません。
皆さん、もう、ひと息ですので、
16日〜18日にかけて、議員さんへの働きかけを
お願いします。

14日開催された衆議院法務委員会終了後、
18日以後の進行がまだ見えないようです。

しかし、もし次に委員会が開かれた時には、
野党側からの質問には、
民主党の平岡秀夫議員
http://www.urban.ne.jp/home/hideoh29/
社民党の保坂展人議員
http://www.hosaka.gr.jp/
が質問に立つようです。

「絶対、廃案に!」
「こんな悪法許せない」
「頑張って廃案にしてください」
メールを送ってください。

14日の法務委員会で
公明党の漆原良夫議員が質問に立ちました。
http://www.urusan.net/
漆原議員は、<変質する団体をどう見分けるのか?>と
「共謀罪」適用の難しさを指摘しています。

細かいことは下に書きますが、
与党側のキィ−マンである、漆原議員に
「不安だから、やめてください」
「なぜ急ぐのですか?」
「じっくり審議して」
「強行採決はしないでください」
などのメールを送ってください。

署名の締切を、第二次=10/23としました。
10/24に参議院議長あてに提出します。
新しい期限の入った署名用紙は、
http://kyobozai.hpcity.jp/に差し替えましたので、
17日に間に合わない分は、
もうあと、1週間ありますので、
できるだけ、集めてください。
よろしくお願いします。

18日、村井敏邦さんと里中は衆議院を回った後に、
参議院へ行く予定です。
これまでの私達の取り組みを
参議院議員の方にも報告して、
「ぜひ、参議院で廃案に」とお願いしてきます。

京都だけの活動ですが、
18日、もし衆議院本会議で可決・通過した場合、
(しなくても)
下記のように街頭活動をします。

★10月18日(火)午後6時〜7時
★四条河原町、高島屋前
★「共謀罪・衆議院可決に抗議する!」
  あるいは、
  「共謀罪を知ってください!」
  街頭キャンペーンをします
★速報チラシ配布やリレートークをして
  「共謀罪を廃案」に、と市民に訴えます。
★可決しても、しなくても、この日は街頭に出ます。
★ご都合のつく方は、
  高島屋前に集まってください。

★18日のリアルタイムの国会状況は、
  下記の電話にお問合せください。
   TEL 075-711-5166
  ご注意:この電話は、18日12時〜5時の間限定、
       衆議院での状況問合せだけのためです。
       里中が18日午後、国会にいますので、
       その情報をこの電話に伝達します。
       短い情報だけになるかと思いますが、
       どうなっているのかが気になる方は、
       ここへ電話してみてください。
       個人のご協力により電話を受けていただきますので、
       上記の目的以外に使用されないよう、
       格別のご配慮をお願いします。

「共謀罪を廃案に!」
ラストスパートです。
皆さん、頑張りましょう。

「共謀罪」成立に反対・抗議する京都署名」
http://kyobozai.hpcity.jp/
里中えつ子
  
***********(お時間のある方は、読んでください)

10月14日の衆議院法制審議会での議論、さわり・・・  
(ネット中継の聞きかじりなんで、正確性はお許しください)
(衆議院の正式議事録は、まだまだ出ないので)

「反対しているのは弁護士会と一部の市民団体だけ」
「弁護士会が正しいとは限らない」などと
のたまう「共謀罪」創設の賛成・旗振り役、
自民党の平沢勝栄氏は論外ですが、
公明党の漆原良夫氏は、
リフォーム詐欺を例に下記のように質問しています。
質問・答弁概略を紹介します。

漆原「ちゃんとした建設会社でも不況のため
リフォーム詐欺を行うようになれば、共謀罪が適用されると
思うがどうか?」
大林宏法務省刑事局長「団体とは、設立当初の共同目的に
限らず、団体の活動の実態に即して判断されるものである」
漆原「そのような場合、立証が難しいのではないか。(建設会社の)
1課が正当な業務をして、2課がリフォーム詐欺をしている場合、
会社全体として共謀処罰の対象となるのか?」
大林「具体的な事案に即してといういうことになると思う」

<要は、警察の運用次第と言うことですか?>

他にも漆原氏は、
・正当な団体が途中で変質した場合には、どうなるのか?
・団体が変質した有無を判断するには、
 すべての団体が対象となりうるのか?
・捜査機関の捜査権限の濫用の可能性をどう考えるのか?
・条約が「国際的組織犯罪条約」なのに、
 国際性を要件としないのは、どうしてか?
など、核心の質問はしているのですが、、、

最後は、
漆原「条約の目的が国際的な組織犯罪の防止のあるとすれば、
運用にあたっては趣旨に則るべきである」
大林「立法趣旨を踏まえて運用する」
漆原「ぜひ、その点の確約をしていただきたい」
という答弁で終わっています。

漆原議員、頑張ってくれてます。
だから、もう一歩!!
だから、皆さん、もう少し!
やれるだけやって、みましょう。
まだ、可能性はあります。
*****************



民主党・平岡秀夫議員の「共謀罪について」
http://www.urban.ne.jp/home/hideoh29/0510/051013.html

社民党・保坂展人のどこどこ日記より「共謀罪の行方」
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/d8ca63a51762ce09ce0379abcc3b5ee8

あまり私に読む時間がなくて紹介のみだが、結構共謀罪のニュースやコメントを書いている人がトラックバックしていたりする。
いままではどうしても成立することできなかったこの法案、自民党圧勝、郵政民営化法案で反対派議員が賛成にまわるなど、私たち国民の思いとは遠い国会になってしまったなかで、共謀罪はどのようになるのか。
公明党ががんばってくれていることで、廃案に向け、あるいは慎重に継続審議となるようになっていくのではないかと思ったりもするが、油断はできない。
共謀罪が成立したとしてこんなのちっとも改革なんかじゃないし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「共謀罪」創設に黄色信号? Carlan's Dream いまのきもち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる