Carlan's Dream いまのきもち

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅雨の走りか、戦争への走りか

<<   作成日時 : 2006/05/19 15:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

先日からお天気がよくなくて昼間でも部屋の中が薄暗くて、気持ちまでもが湿っぽくなる。
5月はカラッとしてもらいたい! と天にこぶしを挙げたって致し方ないけども、ふっと空を見上げてしまう。
見える範囲の空はすべて雲。雲。雲。
そして、雨がざーっと降り注いでくる。

はて、これは、
この地域はもう晴れないよという前兆なのか。
なんてまたまた気を重くする。
ああ、日本はまわりの国々とどうして仲良くなれないのだろう。
外国籍で外国からくる人たちのほとんどは、どんな用事であろうと空港などで指紋を採取される。
犯罪のデータベースにするという。
つまり、日本に入国するやいなや、その時点で「あなたは日本では犯罪者扱いとします」と告知するようになる。
彼らが何もしていなくても、ツアーで日本の有名どころを見て回って「きれい! サイコー!」と感嘆の声をあげたとしても、帳消しにされるものではない。
一体全体、指紋をとられるという行為を日本人は経験したことがあるだろうか。
たぶんにないはずだ。
外国人が生きにくい国は、その国に住む人だって絶対に生きにくい国だ。

ああ、今日は共謀罪が成立するかもしれない。
といっても衆院法務委員会というところなので、本会議ではないようだけど……。
今見直したら、今日の採決はないとあった。
そうだ、拙速だし、論議は十分すぎるほどし、国民への説明も必要だ。
「分かってくれ」という説明ではなく、「このように決めたいが、よろしいですか?」的な。

共謀罪も、入国外国人に指紋採取もすべてはテロ対策だということだ。
テロ対策というと、日本人には関係なくて、日本へテロ活動しようと入国してくる複数の武装集団のように思いがちだが、本当にテロ対策なのだろうか。
日本人は日本人に対してテロ行為をしないという保障はどこにもない。
だけど、指紋採取も共謀罪も(基本的には)外国人に向けたものだ。
そして、外国人とつながる私たちも対象者になる(指紋採取はないかもしれないが)。
つまり、日本政府ではなく外国人や外国人勢力と結びつくすべての人は、テロリスト(怪しい人、怪しい集団)としてリストされる。
そうでない人は、憲法改正や教育基本法改正等に拍車をかけ、戦争へ戦争へと駆り立てられるようになるのではないか。
「おかしいな」と思い始めたときには、後ろへも振り向けず、ひたすら戦争に向かって走らされることになりはしないか。

外国人や外国人勢力と結びつく人は、どんな人?
心が平和であるから交流できる人。
自分の信念を持っているから、交流できる人。
自分の立ち位置を理解し、周りの人や地域の人とも交流できる人。
すべての人が平和であることを願って止まない人。
「いっしょに考えよう」「いっしょに行動しよう」と呼び掛けられる人。

梅雨の走りは止められないが、戦争への走りは止められる。
勇気をもって止められる。
みんなが止まったら、誰も怖くない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
超パノプチコン社会への招待
「梅雨の走りか、戦争への走りか」について  指紋照合の技術は古いが、最近は個人を特定するあたらしい技術がたくさんあります。ニュースでよく見るのはDNA鑑定ですが、路上の監視カメラで映っている通行人のなかから特定の犯人を探し出す技術なんてのもあるようです。そのスピードもアップしていて、ドアノブから指紋を自動的に採取して、犯人特定なんて技術も可能性はあるでしょう。  せっかくのあたらしい技術を、利用しない手はありません。インターネットを介して、防犯に利用するべきではないのでしょうか。外人の入... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2006/05/19 17:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅雨の走りか、戦争への走りか Carlan's Dream いまのきもち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる