Carlan's Dream いまのきもち

アクセスカウンタ

zoom RSS 「とうとう」というか「やっと」というか…遅すぎるよね

<<   作成日時 : 2007/09/13 01:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昼過ぎ、メールを確認してみたら、「安倍首相辞任」のメールが入っていた。
「は? …うそぅ!」と思ってみたが、その時はほかにやることがあったので、メールの確認後、PCを終了した。
夕方のニュースで「さてさて、どうなったでしょうか」と見てみた。
やっぱりそうなのか。

感慨というものはまあ、タイトルにあらわした通りだ。

首相や政権の続投を表したのであれば、健康不十分であっても休みながらも責任持ってやらなきゃ。
多くの勤め人が多少の病気をおしても、仕事を続けているように。
総理大臣職と勤め人と同列に扱ってはいけないかもしれないけれど、いろんな意味で私たちの生活と将来はあんたにかかっているんだよと言いたい。
自民党政権の立て直しが厳しいことはわかっていたはずだし、党内にも批判があったようだが、その批判をかわすのではなくて、一致団結してこの難局を乗り越えようと声をかけられなかったのかな?
まあ、自民党のやることは、私にはわからない。

しかし、自分には無理だと思い始めて、「ええい、辞めちゃえ」なんて放っちゃう首相がこのあとも出てきたら、困りもんだね。
しかし、このあとやる人がいるのかな。


なにはともあれ、省庁は大変だろうけど、社会は動いている。
明日も明後日もいつものように仕事をしているだろうし、子どもたちは学校に通うだろう。
商店やスーパーは広告通りに大安売りするだろうし、普通に市民はそれぞれに動いていくだろう。

しかし、首相が職を放り出しても、社会保険庁は宙に浮いた年金の番号など名寄せ作業しなければならないし、厚生労働省は中国残留孤児や被爆者の救済に向けての検討をしていかなければならない。
首相が単なる思いつきや現場の打開策で口を滑らせたとしても、それがちゃらになるわけではない。
そうしたことは、きちっとやっていってもらわなければ、当事者のみならず、国民は行政を信頼できない。

こんなええ加減な無責任な首相のもとで国家公務員は働いているのだもの、何がよくて何が悪いことなのか、わかっていないのかもしれない。
行政に責任は問えないかもしれないなあ…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「とうとう」というか「やっと」というか…遅すぎるよね Carlan's Dream いまのきもち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる