Carlan's Dream いまのきもち

アクセスカウンタ

zoom RSS 「茨木市人権教育啓発推進事業講座」難民申請者の話を聞いてみませんか?

<<   作成日時 : 2008/09/26 17:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9月も下旬になり、ようやく涼しくなってきたが、私はまだ半袖のTシャツ1枚で何とか頑張っている。
自転車でのメール便の配達は乗ったり降りたり、坂道を上ったり下ったり、マンションの階段を上ったり下りたり(階段に自転車は関係ないか)、結構汗かくのだ。
しかも今日は北風がきつく、涼しいはずなのに汗びっしょり。
風邪ひかんようにしなくちゃ。

さて、西日本入管の面会活動を続けているグループの方から、メールをいただいたので、アップしておこう。
私もメール便の配達が終われば、時間的には余裕で面会活動ができるわけなのだが、どうにも疲れ切ってしまって体力回復に時間がかかってしまう。
結局、地元の人たちにお願いするしかない感じだ。

この日の講師であるミョウ・ミン・スェさんは難民申請者ではなく、すでに難民認定された人で、それでも東京の入管に収容された経歴を持っており、難民申請のための資料を自分で全部そろえたと聞いた。
しかし、多くの難民申請者は日本語も自由ではないし、自分の難民である証拠を持って自国から逃げることはやばいことなので、なかなか立証することが出来ない。
それでも、難民認定の審査官や参与員にはそれなりの証拠を提示していかなければならない。

難民申請者の多くは入管での収容経験を持ち、仮放免状態である。
入管に収容中では、なかなか自分の難民申請の立証活動ができないため、仮放免されるとまず、支援者や弁護士らと立証活動に入るが、仮放免中の生活は全く悲惨である。
国が仮放免中の生活を最低限保証すべきだと思うのだが、これを国民の支援に頼るしかないのだ。
もちろん、本人も日本語を使えるように頑張り、生活費を稼ぐことくらいのことはしていかなければならない。

こんな実態を、新しい首相は知っているだろうか。
こんな実態を、現国会議員や予想される総選挙に向けて、新しく立候補者となる人はどれだけ知っているだろうか。
私はあまり、議員って信用しない。
なぜなら、彼らの底辺になるものがもうひとつよくわからない。
おおよそ、経済関連のみに重きを置いている人は、企業のトップの言うことに耳を貸したり、協力したりするが、人権問題には無頓着だ。
人権問題に重きを置いている人もいるが、その時その時の政局の問題に終始している間は、やはりそちらの方が優先されてしまう。
いつでも、どんな時でも、人権にかかわってくる問題は後回し、なんだから。
「そんなこと、当然だろう」という人もいるが、違う。
国民をはじめ、日本に住む私たちの命と生活に関わる問題だから、政治体制がどうであれ、人権は守らなければならないはずだ。

そんなことを、難民申請者や仮放免の外国人から私は感じ取ってしまうのである。


さて、10月5日(日)の午後、茨木市元町のローズWAMで、
難民申請者の話を聞き、ともに語る会を持ちます。
初めて行政(茨木市)が予算をつけた、という意味では画期的な催しです。
この動きを将来へと繋げるために、是非多くのかたに参加していただき
たい、と考えています。ご参加をお待ちしています。

以下、転送大歓迎です。
  (なお『かんぴー』にも載せています。H・Pをご覧ください。)


*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

茨木市人権教育啓発推進事業講座

  難民申請者の話を聞いてみませんか?


ご存じですか? 茨木市にある西日本入管センターには、難民申請を
しているにもかかわらず長期に収容されている人が、たくさんいます。
また、入管センターから「仮放免」されても、なかなか難民認定されず、
健康保険もなく就労も制限されるなど生存権さえ否定され、再収容と
強制送還におびえている人も、大阪府内にたくさんいます。

祖国での厳しい体験と日本での困難な生活、そして彼らの夢と希望を、
府内に住む難民申請者の方々から直にお聞きしましょう。

また、軍事政権下のビルマから逃れて来て、ようやく在留資格を得た
ミョウ・ミン・スウェさん(関西学院大学2回生)からは、日本の難民申請
制度の矛盾とビルマの未来についてのお話を伺います。

彼らの言葉に耳を傾けましょう。そして彼らと話し合いながら、私たち
に何ができるか、何をすべきか、ともに考えましょう。


日時:10月5日(日)13:30〜16:00
場所:茨木市ローズWAM5階(阪急茨木市駅・JR茨木から、徒歩7分)
講師:ミョウ・ミン・スウェさん
    アジア・アフリカの難民申請者のみなさん
参加費:無料
主催:ジェンダーフリーネット茨木
問い合わせ先:072-621-3448(住田)

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*


かんぴー(かんさいぴーすかれんだー)
http://www.sky.sannet.ne.jp/paupau/kpc/

茨木市ローズWAM(アクセス)
http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「茨木市人権教育啓発推進事業講座」難民申請者の話を聞いてみませんか? Carlan's Dream いまのきもち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる