Carlan's Dream いまのきもち

アクセスカウンタ

zoom RSS 【お知らせ】「田母神問題とシビリアンコントロール 市民による自衛隊の監視・統制を考える」学習会

<<   作成日時 : 2008/12/16 18:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日参加した集会のパンフの中にこのチラシがひっそりと入っていた。
今の今まで気がつかなかったが、17日って明日よな。
直前でなんだけど、とりあえずはっつけておこうと思う。

平和と生活をむすぶ会12月学習会

田母神とシビリアンコントロール
 市民による自衛隊の監視・統制の道を考える

 「一種のクーデター」とまで言われた田母神問題。日本のアジア侵略を正当化し、憲法「改正」を国会でぶちあげる航空自衛隊トップと、これを更迭しただけで幕引きをはかろうとする政府。シビリアン・コントロールの不存在をまざまざと見せつけられた感じの今回の「事件」でしたが、真に平和を願う私たち市民は、この問題をどうとらえ返し、何をなすべきなのでしょうか。今回は、戦後ドイツにおける連邦議会「防衛監察委員」制度などにも学びながら、自衛隊に対する市民による監視・統制の道について、ご一緒に考えたいと思います。

日時 12月17日(水) 午後6時30分より
場所 大阪天満橋 エルおおさか 603号室
参加費 500円(会場費・資料代)
連絡先 平和と生活をむすぶ会 学習会 06-6789-7253(藤田さん)

そうだなあ。
市民が自衛隊の監視や統制をどうやっていくのか、皆目見当もつかない。
この日は仕事があって、行ったと思ったら帰らなければならない。
どのような展開になるのか、自衛隊が真に自衛のための団体となるには、どう考えていったらいいのか、希望が持てる学習会であればいいと思う。

私が考えるのは、田母神氏と同じように考える自衛隊隊員だけでなく、議員レベルでも存在していることが問題だと思う。
議員は行政に対して監視の仕事があるはずだが、一緒になってやっているんでは監視にならないだろう。
議員がもう少し、国民の目線に立って動き、声をあげるときはしっかり国民の代表になってもらわねばならないと思うし、そういう議員を私たちは選ばねばならないのだと思う。
そういう目線をもった議員や議員候補をどう育てていくかが問題になるのでは? と思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【お知らせ】「田母神問題とシビリアンコントロール 市民による自衛隊の監視・統制を考える」学習会 Carlan's Dream いまのきもち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる