Carlan's Dream いまのきもち

アクセスカウンタ

zoom RSS 「法務大臣と話をすれば?」

<<   作成日時 : 2010/01/22 01:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週は寒い中、今週は少し暖かい中、外でたとえ2時間程度であっても、事故などに注意しながら集中して仕事をすることは、大変疲れることである。
体力の限界かあ? などと思いながら仕事をしているものだから、帰宅後は何とも言えないほどくたくたである。
昨日は汗を拭いてたしなあ。
あ、おとといか。

ちょっと考えてはブログを書こうと思うのだが、疲れていると考えていたことがぱ〜〜〜っと散ってしまうので、どうにも続かない。
まあ、ウェブリブログも長時間メンテナンスしていたこともあるんだけど。

先週の土曜日、私は「ひと・まち交流館京都」に行き、ある集会で司会担当の人から「言っていいよ」と言ってくださったので、「西日本入管センターの長期収容者の仮放免を求める署名へのご協力」をお願いさせていただいた。
その時に「法務大臣にも言ってみたら? 今の法務大臣ってそういうのに理解ある人なんでしょ」と言ってくださった人がいた。
私は全く時間が取れないのでできてないけど、支援者の中には既に言っている人もいる。
とはいえ、関西に住んでいるので、直接言うことはなかなか遠いのでできないので、地元選出議員にアタックしているのだ。
でも、底から聞こえてくることは、議員にしても、なかなか諸大臣に会うことができない、そうだ。
よほどの役職にでもなれば会う機会もあるだろうが、逆にそういう役職がついた議員に直接アタックがなかなかできない。
そして聞こえてくることは、民主党議員であるなら、政府政権党であるので、政府批判につながる意見や陳情は議員側からはできないということだ。

法務大臣はおろか、議員に「こういう問題があるんだけど、把握されていますか」ということを伝えても、議員が全く動けないんだということだ。
その議員が把握していて、問題意識を持っていたとしても!

これって難民問題や入管問題に限らず、諸所の国民の声を聞くためのシステムをどう構築しているのかと疑問を感じる。
国民の声をどうやって吸い上げるのか。
それも生の声だ。

この署名は宛先は法務大臣ではなく、西日本入管センターあてであり、第1次集約分として12月にいくらか提出しているそうだ。
年が明けて何人かの収容者は仮放免されていると聞くが、支援者が問題視している長期収容者はまだいるそうだし、病気でフラフラになりながら支援者の面会に応じている人もいるそうだ。
西日本入管だけの話ではなく、長期収容施設としている東日本入管においても大村収容所においても長期収容者や何度仮放免申請を出しても却下される状態は同じである。
法務大臣あてにしてもよかったのではないかという思いもするが、まず地元の入管に収容されていることを多くの人に知ってもらいたいという意図もあるのではないかと思う。
東日本(茨城県)とか、大村(長崎県)だけの話ではなく、私たちが住む関西の、すぐそこ、大阪府茨木市にある入管でも非人道的に収容を長期化させているんだよということを。
国民が意識を持ち、大きな声で言うことができれば、議員をわざわざ訪ねていくこともないわけだ。
だが、大きな声を出すには時間がかかる。
「どうせ外国人の話だからな」という声が聞こえてくることもある。
その声だけが法務大臣に届いている感じさえする。

日本にいて生活していきたいと思われるなんて、素敵なことじゃないか。
「○○という国に住んでみたい!」と夢を見る人だっていると思う。
それを日本において実現させようと思っている外国人が外国人制度のいろいろな壁にぶち当たって普通に生活できないなんて、どう考える?
外国人制度に何か問題があることを、一国民として考え、国会などで取り上げてもらおうとか直接法務大臣に訴えようとしても、それがなかなか上に行かないという民主党のシステムはなんかなあという感じがする。

難民や入管問題から見えてきた民主党政権の現実。

今、取りざたされている小沢氏の意向だからか。
「上意下達」は、民主党もかって感じさえする。
っつーか、そうしないと一枚岩になれないと思っているのか。
それとも、自民党政権から民主党政権の移行の時期だからか。
いろいろ考えてしまうのだが、どうもこういうシステムが続くとすれば、民主党政権も長続きしないんではないかと思ってしまう。
まあ、民主的じゃないやね。


「西日本入管センターの長期収容者の仮放免を求める署名」メール署名もできる。
ぜひ。
http://rafiq.jp/event/09west_shomei.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「法務大臣と話をすれば?」 Carlan's Dream いまのきもち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる