Carlan's Dream いまのきもち

アクセスカウンタ

zoom RSS 「政治とカネ」彼らはどう学習したのか

<<   作成日時 : 2010/01/27 01:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「鳩山さんはしょせんボンボンだしな」
「小沢さんにしたって、田中角栄とか、金丸とかを師と仰いでいたんだ」
「小沢さんはもともと田中派だしな」
…テレビで報道されるたびにそんなことには疎い私に、夫は口癖のように言う。

政治にはある意味、カネはつきもんだけど、自前のカネを自分の政治活動にどう使おうが勝手だな。
確かに鳩山さんは親が出してくれたカネの取り扱いにちょっと間違っただけで、誰彼から金品をくすね取って政治活動に充てていたわけではないと思える。
まだ、なんというか、自分ちに眠っているカネを何とか役に立てないかと思いいたったのだろうと思える。

小沢さんのほうは私自身そうそう関心が持てなくて、突っ込むほどの意見を持ち合わせてはいない。
ただ、田中角栄などを師と仰ぐ人を民主党員は黙って従っているんだなと思うと、もう一つ釈然としない。
田中角栄はじめ、自民党議員など国会議員の政治とカネについて、今までとやかく言われ、逮捕されたりもしてきたし、少しは学習しているのかと思っていたんだが、結局学習しているところが全く違ったんだなと思える。

もしかして、政権を担うことが現実として考えられなかった?
野党議員のままでいたら、発覚しなかった?

野党とか、与党とかに関係なく、国会議員である以上、カネの問題は付きまとうわけで、その分については他人にだけでなく自分に厳しく管理してもらいたかったね。
起訴されるとか不起訴になるとか、有罪・無罪どちらなんだとかそういうことではなく、どこから入ってきたお金か、どう出て行ったお金かは、議員自ら目を通し不正なお金の経路が分かったら、「いただいちゃあまずいでしょ」「こんなものに使ったらまずいでしょ」と、問題にするほどにならなければいけないと思うのだ。
分かった時点でうやむやにして「発覚しなければいい」という認識に立つなんて、国民を愚弄していることになるんだ。

説明がつかない、分からないままにしておくのなら、いっそやめたら?
そこまでしてようやく国民、いや最小限自分を誠心誠意応援してくれた支援者、投票してくれた有権者に申し訳が立たないだろうと思うのだ。

なんかね、検察のやり方とか、報道の仕方とか、いろいろ問題はあると思うんだよね。
だけど、田中角栄の事件があったとき、小沢さんだって議員だったはずだ。
追及逃れだけを学習してきたのかな。
小沢さんに続く議員がどれだけいるのか知らないけれど、新人議員の教育なんてとんでもないよね。
よもや、その中から「かつて小沢氏のやってきたことを踏襲していく」なんて言う議員が出てこないように願いたいもんだし、私たち有権者もきちんと見なくちゃいけないんだなと思う。

しかし、「数億円」というカネは、明日の千円をどう稼ぐかと、どう命を明日につないでいくかと、不安の中生活している私たちから見ると、とてつもない金額だ。
その数億円でどれだけの人が明日につながって行けるだろうか。

ボンボンの鳩山さん、そして、小沢さん、
考えたこと、ありますか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「政治とカネ」彼らはどう学習したのか Carlan's Dream いまのきもち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる