Carlan's Dream いまのきもち

アクセスカウンタ

zoom RSS 「冷温停止で事故の収束」―だからみんなもう忘れていいよ

<<   作成日時 : 2011/12/17 01:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大飯原発の2号機が定期検査で無事に停止したこの日、首相が福島第1原発の事故の件で「冷温停止状態が続いており、ステップ2が完了した」「事故の収束と考える」といったようなことを記者会見で表明した。

お昼ごろ、天気はまずまずいいのだが、このころから北風が強くなり、ようやく冬の到来かと感じさせた。
天気予報では冬型の気圧配置が強まって、朝方までに雪が降る可能性ありという。
BIGLOBEのトップページの京都の明日(もう今日だが)の天気には雪のマークが入っている。

なんて寒いのだろう。
冬なんだから仕方ないけど、首相の言葉はもっと寒い。
せっかく今年の漢字は「絆」になったというのに、人々は心の温かさをもっと感じたいのに。
夫は首相の弁を聞いていて、おもむろに「やっぱ、今年の漢字は『欺瞞の欺』だぁ」とつぶやいた。
夫には今年「絆」を深めたという経験がなく、テレビや新聞で欺瞞に包まれた情報ばかりを見たり読んだりしてすっきりしない1年を送ってきた。
ちょっとかわいそうな人なんだけど、今年の最後でほんとうにこれか、本当に『欺瞞の欺』だよなと同調した。

結局は―
「もう騒ぐな。東電だって何らかの形で賠償し始めている。もうそれでいいだろ」
「もう、これで福島の事故のことは言うな。除染ができてきたら、避難している人たちには帰ってもらうのだから」
「今稼働できる原発は稼働を続けるが、新規にはもうつくらないってことでいいだろ。だから脱原発はもうやめてくれないか」
「もちろん、再生エネルギー、自然エネルギー、持続可能エネルギーは研究して実用化していく。だってこれも一つの経済活動だし。良い技術はもちろん輸出していく。原子力も含めて」
「次の段階に行くんだから、もうみんな自分の生活に戻って、はい、戻って。いつまでも地震だ津波だ原発事故だじゃないでしょ」


次の段階って、除染という汚染を移動させて、とりあえず元の住民には帰ってもらって元の生活に戻れるようにしていくことだが、移動させる汚染物質はどこにやるつもりだ?
例えば半減期が30年のセシウムは、放射性が30年経ったら半減するだけであり、なくなるわけではない。
その汚染物質の半減が先になるのか、事故炉の廃炉が先になるのか分からないけど、そんな汚染物質があるところで、健康を害する恐れがあるところで、元の生活など戻れるわけがない。

拡散させた汚染物質に対して、たとえば海の汚染はどう対処していくのだ?
しかし、究極、陸地で移動させた汚染の行き先は海なのではないかと思ったりする。
母なる海は長い間、健康を害する生物を生みだす結果になる…。

事故の検証もないままにうやむやにするために次のステップに行こうとする。
それが野田首相の仕事なのかと思うと、この人も長くはないなと思う。

なんでもそうだ。
先の戦争の検証だって、イラクやアフガンに自衛隊を派遣したのだって、さっぱり検証が行われていない。
先の戦争のだってようやく被害者や元軍人・軍属が、それぞれの立場で声を上げ始めた。
60年経たないと声が挙げられない。
イラクやアフガンへの自衛隊派兵は2009年前後にようやく終わったのだ。
それから、元派兵隊員が声挙げるまで私たちはまたなければならないのだろうか。

そして、この福島だってそうだ。
避難者は避難生活で精いっぱいで、原告になるなんてそんな時間も金もないのでは?
なんでもうやむやにしてしまうことで私たちは、子どもたちに、未来の子どもたちに残しておくべきことを忘れてしまうのではないか。

私はまだ注目する。
じかに行くことは体力的に無理だけど、何らかの形で「今、福島は」と問い続ける。
これが、私のできること。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「冷温停止で事故の収束」―だからみんなもう忘れていいよ Carlan's Dream いまのきもち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる