Carlan's Dream いまのきもち

アクセスカウンタ

zoom RSS 慰安婦・風俗業発言:こういう人が日本の政治家

<<   作成日時 : 2013/05/14 16:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

少し前まで肌寒かったのに、今は西日を受けて、今年買ったばかりのPCが「暑いぞ」と唸りを上げ始めている。
ああ、前PC同様、お前もか…。

ああ、あんたもか…。
とは、橋下市長。
もうこの手の意見は安倍首相でおしまいにしたいくらいだと思っているのに、町の一角でやいのやいの、何だ? アメリカの軍の司令官にも発言したという。
なんだろう、恥ずかしくないのか。

軍が規律を設けていても、日本の米軍基地の中で(日本だけには限らないと思うが)、地元地域の女性たちへのレイプ事件が頻発するのを見かねた発言にしても、そこを男と女の問題にすり替えたり、規律を緩和させて、公娼施設を利用しろとは。
そして、日本軍による慰安婦の隠された制度?を、公認するかのような発言。

慰安婦問題を出すなら、河野談話に代表されるように、当時の政権が認めている。
このようなシステムに軍の独走ではなく当時の政府も少なからず関与していたのであるから、こういう時代、こういう社会を作らないようにという意味を込めた発言になるはずだ。

もともと女性を一個の人間と見る前に、男に対する女としてしか見られない人が、政治家になっていること自体が
おかしいのだ。

とすると、私たち有権者の問題になってくる。

有権者は橋下氏という政治家のすべてを知っているわけではなく、一面しか見ることが出来ないから、それがわかった時点で、支持したのに「恥ずかしい」思いをした人は支持を即刻やめるべきである。
また、橋下氏が支持・応援する人たちに関しても、有権者はその政治家への支持をやめるべきだと思う。

橋下氏だけではない。
支持した政治家が恥ずかしいことを言ったり、したりしたことがわかれば、支持をやめることだ。



市長として選んでしまった、大阪市民はどう考えているのかと思ってしまう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
慰安婦・風俗業発言:こういう人が日本の政治家 Carlan's Dream いまのきもち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる