Carlan's Dream いまのきもち

アクセスカウンタ

zoom RSS 70年談話 どうせ出すなら…

<<   作成日時 : 2015/08/15 15:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

終戦記念日を直前に控えた昨日8月14日、予定通り安部首相による70年談話が発表された。

・平成27年8月14日 内閣総理大臣談話 首相官邸ホームページ
 http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/discource/20150814danwa.html

これらの内容に意外性は私はほとんど感じられなかった。
この安部首相が言う、あるいはお友達懇親会が意見を言って作文を作るということでは、さもありなん、って感じだ。

だからといって肯定するわけではない。

これなら、談話などしなかった方がマシ。

その中でもただ一点、気になることがある。

  「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」


このことは、将来の子どもたちに「侵略戦争などしてこなかった」と思わせようとしているのではということだ。
政府が謝罪をしないことには、それを続けていかなければならないことには、市井にいる子どもたちが交流あるごとに反省と謝罪の念を表明しなければならないのではないか。
そのひとことがあってようやく、物ごとが先に進むはずなのである。
たとえ、政府が謝罪を続けていたとしても、未来の子どもたちは、日本が20世紀前半においてとりわけアジア各地で何をしてきたかという歴史は知っておかねばならない。
これを「もう、ここらへんでやめよう」と私たちから止めることはできない。


私は今後政府や要人が戦争に関する談話を出すのであれば、おおかた次のような観点で出してもらいたいと希望する。

・戦前戦中から戦後にかけて日本の中でどう変わっていったのか
・戦後補償として償っていかなければならないものは何だったのか、補償したのかしなかったのか
・戦前戦中の出来事は隠されたことが多かったが戦後どのような形で明らかになったのか、ならなかったのか
・それを私たちも含め、未来の日本を担う人々にも継承・共有されていくためにはどうしなけれならないのか
という具体性を持ったものでなければいけない。


しかし、安倍首相では書けないのだ。
彼と彼の周りにはこうした観点・視点がない人がきっと多いと思っていたが、その人達を列挙する前にそれがこの談話という形で明らかになったと私は思っている。

戦争への加担、加担を感じずに参戦した兵士や軍属、その上で悲惨な目にあった国内外の人たちの証言は、ようやく半世紀以上を経て語られることが多いように思う。
その人達の証言を私たちはどう受け止めていくかにも通じる。
また、各地に残っていると思う戦跡や占領時の跡などの検証も重要なことだ。


慰安婦問題への解決、靖国神社と政府との関係を断ち切ること、強制連行への具体的な検証と解決。
これらのことを政府としてどう考え、行動するかによって、私たちも地元の戦中戦後の歴史をきちんと知ろうとしたり、諸外国との交流もスムーズに行くことになるのでは?


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
毎度、
戦時下のストレス社会で日本男子の平均余命25才/オール三菱総師範。
日本戦没者三百万余は少なすぎない?
電気蚊取り普及で町方も江戸時代以来の夏の風物詩妖怪変化物語を踏まえ植芝盛平精神世界一番弟子から基地外にはもの呼ばわりで、
とりあえず
安上がりの勉強し直し:法学部の人持ちの戦争論立ち読み他‥
横変死因縁の一つ?戦争はそれを知らない者によって担われる!!
エホバ神は戦争の記憶は忘れ去られる伝、
信長は同じ戦法戦術は使わなかった由天下布武、
過去歴に無い戦いの事態に備える安保。

マタイ第5章37説2値論理のお薦めは01符号化が情報理論三位一体3身即1。
欧米は2と3の間に善悪の境目三権分立。
イスラムジハード負け組

あぶらむそん好学社マグ浪費流‥
巳蛙
2015/08/16 13:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
70年談話 どうせ出すなら… Carlan's Dream いまのきもち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる