Carlan's Dream いまのきもち

アクセスカウンタ

zoom RSS 【拡散】2/13宇田有三氏 講演会<ビルマ(ミャンマー)の総選挙を取材して>

<<   作成日時 : 2016/02/09 00:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2/13のイベントがもう一つあった。

こちらは大阪で、私はあまり行ったことがないし、そのうえ夜だし、ということで、聞いた時点で「行けないと思うので案内ができたらあちこちに拡散します」と言っておいた。

宇田有三さんは関西の人だが、人知れず、あちこちに出没されている。
人知れずビルマ(ミャンマー)に行かれてたりする。
とても面白い人だ。
で写真をすてきに撮影される。

さてビルマだが、スーチーさん率いる国民民主連盟(NLD)が昨年の11月の総選挙で圧勝し、3月に現政権に取って変わり、政権の座につくことになっている。
しかし、軍事政権(民政移管を進めているが、基本的には国会に4/1の軍人議員枠があり、現政権は軍事政権であると私は思っているので、こう表現する)が真に3月にNLDに引き渡すか、疑問である。

スーチーさんやNLDに関しても疑問がある。
ビルマは多民族国家である。
しかし、その多民族の部類にも入れられていない人々がいる。
ロヒンギャだ。
ビルマは彼らを不法移民の扱いで、生活や就労、教育の場を与えていない。
日本では就労の機会は与えてなくても、申告すれば教育の場は与えられる。
教育の機会均等は国籍・民族・宗教・性別に係わらず、与えるべきである。
しかし、日本に住むビルマ人は日本に逃げてきたロヒンギャの人たちのことを、考えない。
一緒に考えようというと、その場を立ち去ってしまった経緯がある。
ロヒンギャはイスラム教徒が多く、仏教徒が多いビルマの人々とぶつかることがあったし、宗教だけでなくいろんなことで地元住民とぶつかっていると思う。
しかし、スーチーさんはこの問題にはあまり深く言及していないし、当時の政権に対しても、「どうにかせよ」位言っても良さそうなのに、何も言っていないと聞いた。
この辺に関しては、真の民主化とは何かを問いたいといつも思うのである。

宇田さんにもいつかお聞きしてみたいと思う。


<ビルマ(ミャンマー)の総選挙を取材して>
─アウンサンスーチー氏率いる国民民主連盟(NLD)は2015年11月、25年ぶりの本格的な総選挙を勝利で終えた。
軍政下で最後の総選挙(2010年)、民政移管後初の補欠選挙(2012年)など、ビルマ(ミャンマー)取材を20年以上続ける宇田さんが、取材現場の様子を語る。

【日時】2016年2月13日(土)18:30〜20:30(開場18:15)
【会場】クレオ大阪西 研修室
http://www.creo-osaka.or.jp/west/index.html
大阪市此花(このはな)区西九条6-1-20 TEL 06-6460-7800
最寄駅:西九条駅(JR環状線・阪神なんば線)徒歩約3分

--------------------------------------------------
■宇田有三(うだ・ゆうぞう)http://www.uzo.net
1963年神戸市生まれ。教員を経て1990年に渡米。
1992年中米の紛争地エルサルバドルの取材を皮切りに取材活動を開始。
1995年神戸大学大学院国際協力研究科修了(法学修士)。
現在、東南アジアや中米諸国を中心に、軍事政権下の人びとの暮らし・先住民族・世界の貧困などの取材を続ける。
ビルマ(ミャンマー)へは1993年から36回の継続取材を行う。

【主要著書】
『観光コースでないミャンマー(ビルマ)』(高文研、2015年)
『Peoples in the Winds of Change ビルマ 変化に生きる人びと』(高文研、2013年)
『閉ざされた国 ビルマ』(高文研、2010年)
その他の著書は宇田さんのHPからご覧いただけます。
 http://www.uzo.net/books/index.html
【参加費】無料
【事前申し込み】不要
【主催・お問い合わせ】日本ビルマ救援センター事務局 brcj@syd.odn.ne.jp

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【拡散】2/13宇田有三氏 講演会<ビルマ(ミャンマー)の総選挙を取材して> Carlan's Dream いまのきもち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる