Carlan's Dream いまのきもち

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝鮮に対し、日本がとるべき道は

<<   作成日時 : 2006/10/22 11:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

「無防備地域宣言」の集会があった。
京都市の西にある向日市で来週の週末から、無防備平和条例を目指す直接請求の取り組みが1ヶ月行なわれる。
それの準備集会があったのだが、私はここで貴重な話を聞いた。

去年、京都市でも無防備条例を求める取り組みを行なった。
残念ながら議会で否決され、今回は日の目を見ることはできなかったが、数回しか参加できなかった街頭署名で多く聞いたのが、「無防備って丸腰で北朝鮮の攻撃を受けるの」的な質問だった。
なんでそんな発想になるのだろう。
当時のマスコミは、朝鮮が軍備を整えているようなニュースが多かった。
日本と違って軍事国家であることを考えれば、日本以上に軍事訓練していることはある程度確かなことであろうが、理由もないのに攻めてくるはずがない。
というよりも何かのきっかけでアメリカが先制攻撃し、また日本も特別措置法を作ったりして、すぐに後方支援できる態勢を作るほうが想定できた。
そういうことに私たちは非武装でいる、戦争に協力しないと宣言したいと思ったのだ。

だが、今年になって「何かのきっかけ」がありすぎた。
朝鮮のミサイル発射実験、核実験に対し、国連安保理は非軍事的制裁を決議したが、アメリカはPSI(大量破壊兵器拡散防止構想)で、船舶の貨物検査をするという。
これが臨検っていうやつだそうだ。

しかし、この臨検が食わせ物で、ひょっとしたら軍事的制裁措置になりうるという。
いろいろな見方があるが、朝鮮が核実験で周囲を脅かし、PSIに基づく臨検で朝鮮に圧力をかけるとなると、朝鮮はもっと強力な手段を用いるのではないかという不安が出てくるのだが……。
日本はこの臨検に際して、後方支援を行なおうとしてしている。
どこまでもアメリカ追従で、朝鮮とアメリカの間を中韓ロとともに、何で取り持とうとしないのか。
日本のトップの間では、朝鮮が言っている以上に朝鮮の6カ国協議復帰という声があまり聞こえない。
(復帰させないのはアメリカだと私は思っているが。)

このアメリカ主導による制裁措置は国連決議(1718号決議)に反するものらしい。
船舶検査を行なうことは求めていても、相手の同意があってのことらしいが、アメリカ主導型であると、同意なしでも強制的に船舶検査ができるらしい。

講師ははっきりと「この臨検は戦争だ」と言い切り、「日本が後方支援するべきものではない」と言った。
それを聞いて、私はなんだかすっきりした。
頭の中でなんだかもやもやして、大きくなり、一日気分が悪くなったり、どこかが痛くなったりしていたのは、このせいではないかと思われるほど、「ああ、やっぱり!」と思ったのだ。
制裁措置に対し、私の中で知らず知らずのうちに「ええ? いいの? なんか違う」というのが渦巻いていたようだ。

日本に住む一住民として、アメリカに追従し、制裁措置の後方支援ができる態勢は許せないと思う。
アメリカを「まあまあ」と制して、中国や韓国に打診し、6カ国協議に6カ国すべてが参加できるような努力をしてくれよ。
拉致問題も含めて、「朝鮮に制裁、制裁」と言っているが、朝鮮が硬化することがわかっているだろう。
朝鮮は話し合いたいのだ。
朝鮮はアメリカに対し、「同等だ」と言っているのだ(その言い方はかなりやばいが)。


もしかして、6カ国協議の再開を望まないのは、日本とアメリカなのかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログ拝見いたしました。
私はアフィリエイトサイトを運営しています。
宜しければ当アフィリエイトに参加してみませんか?
報酬は《1登録¥1000、1クリック¥1から》
初期費用は¥0のネットビジネスです。細かな部分までサポートさせて頂きます。
ご興味ございましたら是非サイトをご覧下さいませ。
それではよろしくお願いいたします。
 ↓詳細は↓
http://e-af.net/weha
e-アフィリ
2006/10/22 15:49
 日本の船舶検査や後方支援は武力行使だが、北鮮のミサイルや核兵器はそれにはあたらないというのだろうか?むかし、アメリカの核兵器は脅威だがソ連のそれは平和をつくるといった平和運動家がいたが、おなじ人物ではなかろうな。
 自衛権は独立がもつ権利であると同時に、国際社会に対する責任だとか、武力行使の危険性と同時に、武力のもつ抑止効果といったものにも関心をもってもらいたいと思う。
罵愚
2006/10/22 17:07
理由もなしに攻めてくるはずがないとおっしゃいますが、では拉致はどうなんでしょう?日本が先制攻撃したのでしょうか??それとも、川口元外相の様に国家ぐるみの拉致はテロではないと考えているのですか?
あのォ
2006/10/23 02:58
コメントありがとうございます。
罵愚さん>私の答えは日本国憲法にあります。憲法は私が守るのではなくて、私たちが日本政府に守らせるものです。
あのォさん>拉致問題は憂慮すべき問題ですね。しかしあなたの近くに在日二世、三世(朝鮮籍、韓国籍)の方はおられないのでしょうか。……おられないのでしょうねえ。そうでなければ、このコメントは書けないと思いまして。
Carlan
2006/10/23 10:35
 その憲法が国民を守ってくれない実態が、はっきりしはじめているんじゃぁないのかなぁ?あなたが憲法を守ると、憲法が朝鮮の日本侵略を呼び込む。平和憲法が、日本国民の平和を保障してくれない現実を、どうしましょうか?
罵愚
2006/10/23 18:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝鮮に対し、日本がとるべき道は Carlan's Dream いまのきもち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる