Carlan's Dream いまのきもち

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都市長選が終わった

<<   作成日時 : 2008/02/18 01:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

昨日、少し晴れ間が出た時にちょっとこの間に選挙に行っておこうと思った。
晴れ間が出たと思ったのは、大きな間違いで通りを曲がると、北の方は雪雲だった。
案の定、雪がちらちら。
しかも、寒い。
「びぇ〜〜〜!」
心の中で寒さに打ち震える。
いつも自転車で配達の仕事をしているが、仕事モードに入ると、「この時期は寒い」と覚悟していくので、最初は寒くても終わるころにはだいぶ気持ちが暖かくなっている。
しかし、投票に行くのにその覚悟はしなかったので、寒さが心の中まで入ってきそうだった。

出口調査というのをよく聞くが、初めて経験した。
応えたのはNHKだった。
しかし、夜の速報でNHKは各党が相乗りした候補の紹介で「自民党・公明党、民主党・社民党、各党中央が支持、または推薦した…」と2度ほど言ったので、「違うやろ!」と突っ込みを入れたら、夫がさっさとKBS京都のチャンネルに切り換えてしまった。
KBS京都はちゃんと「自民党・公明党」「民主党府連・社民党府連」と紹介していた。

まあぁぁ、なんていうか、寒さが災いしたのか、投票率の悪いのって、10人のうち、3人か4人って感じ、っていうのは、我が家含むこの辺10〜11人の有権者のうち、我が家の4人しか行っていない、って感じ?
なんだかなあ。

それでも、開票状況は楽しませてもらった。
驚くのは、30代で出た村山候補だね。
党のしがらみを捨て去りたいと思っている人って結構多いかもしれない。
支持政党がある人だって、同じぐらいの比率で村山さんに投票したと出口調査では言っている。
公明党以外の組織票はもう当てにはならないってことなのかな。
選挙戦はもう一つ活発に感じなかったが、有権者はある意味、見ている人は見ているという感じがする。
うーん、底冷えがひどい2月じゃなくて、夏前とか秋口だったらどんな結果になるのだろうか。
つまり、投票率がもう少しあったら、門川さんは市長になり得なかったかもしれない。
そう思うと、投票率の低さはとても残念だ。

さて、門川さんはどんな市政をやっていくのか。
桝本市長の後を行くような市政では、不祥事は収まらない。
しかし、教育委員会出の門川さんを得て、市としても、不祥事隠しは続いていくのではないかと思える。

門川さんはなんだかだ、教育長時代裁判に訴えられている。
教育行政と企業が結び付き、企業がその費用を少しでも負担するならいいが、ほとんどが公費支出だということだ。
その辺をどう処理していくのか。
自分の不祥事隠しもやるんでないか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
雪雲 レーダー
菜の花まつり今日は、伊良湖の方へ菜の花を見に行ってきたよ。 空は雪雲がやってきて、雪が降ったりやんだりして変な天気だった。 でも、今年も一面が黄色の花畑が見れてよかったわぁ〜(*^_^*) やっぱり... ...続きを見る
ニュース速報
2008/02/18 07:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都市長選が終わった Carlan's Dream いまのきもち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる