Carlan's Dream いまのきもち

アクセスカウンタ

zoom RSS 政権交代前に外国人が再収容されている現実

<<   作成日時 : 2009/09/10 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新聞やテレビでは、民主党が政権交代の準備を着々と進めていると報じている。
今日は、国民新党と社民党との連立の合意に至ったというニュースを夕方に聞いた。
国会の力関係は私にはよくわからないのだが、すでにここには自民党議員は存在しないかのような意識にさえなってしまう。
そうだ、私たちの意識は政権が民主党であり、その民主党がどのような国会運営や内政・外政をしていくのかに興味があり、みんな、見ている。
たぶん、省庁もそんな感じなんだろう。

だが、それを踏まえたうえで、ここだけは自民党政権のやり残し、みたいな、仕事をせっせせっせとやっているところがある。

入管だ。

友人から聞いて「え、なんで? いつそういう法律ができたの?」と思ってしまった。
そうではなくて、今のうちに追い返せるものは追い返せ! 国民のみんなが違う方向を見ている間に! という意識がここでは働いているようである。
また、別の友人から「週刊金曜日」の記事を教えていただいた。

私が聞いたのは、ある難民申請者の数人、非正規滞在が数人。
難民申請者が圧倒的に耳に聞こえてくるのだが、この人たちの状態は私自身身近に接していないので、よくわからない。
入管は東京入管が多いようだ。
難民申請者はみんな一度は収容されているので、再収容、再々収容という人もいるらしい。
東京入管はたぶん長期収容には向いていないところなので、多くは東日本入管(茨城県牛久市)に移送されているかもということだった。

難民申請者や非正規滞在の外国人は、7月に決定した「新しい入管法」においては、日本に滞在しないことになる可能性が強く、そのため同月発表された「在留特別許可にかかるガイドラインの見直し」で非正規滞在者のうち、長期滞在者や小さな子供さんがいる人や、配偶者が日本人などと該当する人に在留特別許可を与えていこうというものだった。
これがいつからそうなるのかよく分からないが、長期に日本に住んでいる人や家族がいる人にはありがたいことだったはずだ。
難民申請者においてはガイドラインでは特に条件はないのだが、支援者の努力等により、強制送還してはならないことは入管もわかってきたのかなと思い始めていたし、強制送還が不可能であるなら、収容すらもおかしなことになってしまう。
だが、一部の情報では、強制送還された人もいるらしい。
その人が、たとえ日本においては「難民不認定」の判定がされたとしても、「難民」であることには少しも変わりはない。

彼・彼女らが母国に送還されたことが迫害をもたらす集団や組織等が知れば、どういう状況になるか。
母国に家族がいれば、その家族はどういう状況になるか。
非正規滞在者が送還されたとしても、なんとか生活していけなくもない。
日本で生まれ育った子どもたちは大変だが、気持ちを切り替えて頑張るしかないという気持ちになるかもしれない。
が、難民申請者はそういうわけにはいかない。
いつ、自分の身に迫害を受けるかわからない。
外に出られない。
つまりは生活することが不可能なのだ。
少しでもその国が平和になっていればいいのだが、私の見る限り、難民申請者の多くの国は平和のかけらさえも見えない。
送還が原因になってその人の身に何かあれば、日本はどうするのか。
その責任を、入管は民主党政権になすりつけるのだろうか。

政権交代前の自民党は何か、バタバタと慌てふためき、血迷い、何が何だか分からない状態になって、いまだに尾を引いている。
よく似たことが入管で起こっている。
入管内部だけがそうであれば何も思わないけど、在留特別許可を与えられてもおかしくない人々が犠牲になっている。
少なくとも、難民申請者は送還するな。
送還できなければ、収容するな。

いい加減、外国人をだますことはやめないか。


・在留特別許可に係るガイドラインの見直し(法務省)
http://www.moj.go.jp/NYUKAN/nyukan85.html

・政権交代前に入管暴走か 非正規滞在者の収容続出(週刊金曜日9月4日号 「金曜アンテナ」のページ)
http://www.kinyobi.co.jp/backnum/antenna/antenna_kiji.php?no=770

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
政権交代前に外国人が再収容されている現実 Carlan's Dream いまのきもち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる