Carlan's Dream いまのきもち

アクセスカウンタ

zoom RSS 【お知らせ】チェルノブィリ・フクシマの集い

<<   作成日時 : 2013/03/11 23:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

またまた、お知らせ。
3月に入ってイベントが目白押しなのだ。
それも全部興味深い。
だが、はしごするだけの体力も財力もない。
3/17ははしごするだけの余裕もない(同日同時間だからだ)。
せめて、案内だけはと…。


今日311から2年経った。

阪神大震災だって復興には長いことかかった。
しかし、多くの人が一時的に避難したものの、数年後には100%と行かぬまでもかなり人が戻り、復興に力を入れていた時期ではないか。

その復興は福島には、第一原発立地自治体に住む人たちには空しい言葉ではないか。
とも思えてくるのだが、「復興」「復興」という言葉が福島を覆っているような感じさえする。
地震と津波がきっかけとなった原発事故だが、それだけが原因じゃないはず。
小さな事故を起こしても公表するのはずいぶんあとだったし、対処されたかも分からない。

ひた隠しに隠して運用されてきたのが原発。
何かあったときのための用心を町民にどれだけ伝えていたか。
ほとんど東電からは伝えることをしなかったのではないか。
放射能の危険を知らず、住み続けた人々。
そして起こった放射能汚染は人々から故郷・生活・コミュニティ・家族・人生までも奪われあるいは引き裂かれた。


私は関西に住み、原発事故が東北大震災と一緒に語られるのを聞いてきた。
自然災害への備えと人工的な災害の備えはまったく違うものなのに、同じように一くくりに語られているような気がして、違和感を感じることが多かった。
あの事故は東電の事故であり、関電では到底想定できない。
などと、平然と思う人がいることを知った。

一時的にせよ、全原発が定検等で停まっているときに「原発停まったら、電化製品使えのうなるよ。工場も動かんよういなるんだ。働き口がなくなるやないか」と叱り口調で言う人がいて、開いた口がふさがらなかった。
原発停まっていても、電化製品は使えたし、電力不足で工場が止まり、リストラされたという話は聞かなかった。
確かに節電の関係で休みになった人が多かったかもしれないが、私たちはそれまで過剰に工場で物を作り、過剰に働いてきたのだ。

私たちは再度、あの原発事故の後、政府は何をしたか、東電は何をしたのかをみなきゃいけない。
できるだけ、福島の人たちの気持ちになって、電力会社が福島の人たちに何をしてきたのかを見なきゃいけない。

そして、東電も関電も場所が違うだけであり、同じ穴の狢なのだと知ることが必要だ。

そう思って、私はこの告訴団の告発人になったのだ。


チェルノブィリ・フクシマの集い
   講演「東京電力・国に刑事責任を〜フクシマから」
      佐藤和良さん(福島原発告訴団副団長・福島県いわき市会議員)


 福島県いわき市に住む佐藤和良さんは,脱原発福島ネットワーク世話人として,市会議員として,脱原発を訴えてこられました。

  「未だ収束の見通しが立たない福島第一原発事故。その事故原因も究明されず,事故責任者が誰一人として法的責任をとっていません。」と,昨年6月に福島原発告訴団副団長として,福島県民1324人で東京電力や国の幹部ら33人を告訴・告発されました。さらに11月には全国に運動を拡げ,13262人で第2次告訴・告発がなされました。現在,検察の起訴・不起訴判断の大詰めを迎えています。

 佐藤さんは「国民的な脱原発を求める声の広がりを確かな力に変えていくためにも,いま福島で起きていること,これから福島で起きるであろうことから,全国の人びとが目をそむけず,ともに手をつないで,一緒に歩んでくれることを願ってやみません」と語られています。

映画『福島 六ヶ所 未来への伝言』(島田恵監督)プロモーション DVD も上映

日 時:3月17日(日)14:00〜16:30
場 所:ハートピア京都(京都府立総合社会福祉会館)
      http://heartpia-kyoto.jp/access/access.html
      烏丸通丸太町下る東側,地下鉄烏丸線「丸太町駅」5番出口すぐ
参加費:500円
主 催:チェルノブィリ・フクシマ京都実行委員会 075-465-2451(佐伯昌和さん)
    福島原発告訴団関西支部 075-711-4832 (NPO 法人市民環境研究所)


・案内チラシ
http://blog.goo.ne.jp/543142011/e/8e3783a9e101215cd96930dc0e50960a

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
西日本には原発が無くなったら困ると考えているお馬鹿ちゃんが多い様ですね。

「告訴団の告発人」……スゴイですね。私は家族の柵でそこまではできません。
東電と国を訴えることは必要ではあります。

しかし、自民党を支持して原発推進し、経済最優先、物質溢れの社会を嘱望してきたのは他ならぬ国民自身というということを忘れてはいけないと思います。
そして今また、自民党に支持が集まっていますね。

○原発による利権構造に気付く
○エコな社会を目指す
ことも必要だと考えます。
ねむり猫
2013/03/12 11:28
ねむり猫さん、コメントありがとうございます。
私たち国民のほうもいろいろと反省しなければならない点は大いにあると思います。だからこそ、何らかの形でそれを表そうとしているのではないでしょうか。
脱原発のデモやアクションしかり。
裁判の原告や告訴人、告発人しかり
再生エネルギー推進しかり
身近なところから省エネ・節電しかり
自分のできるところから少しずつやっていってるのではないでしょうか。

先の選挙は、自民党を積極的に支持した人は少ないと思います。それに裁判所が「選挙の違憲(状態)判断」を出しています。政党や候補者がいつもより多く出、票割れしてしまった感もします。これはこれから注目すべきことです。

告発人ですが、直接被災していないため告訴人になれないだけです。それに趣旨に賛同して連絡先送っただけですから、基本誰でもなれます。起訴させることが目的です。私らができるときはこういうふうにイベント通知くらいでしょうか。
Carlan
2013/03/12 17:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
【お知らせ】チェルノブィリ・フクシマの集い Carlan's Dream いまのきもち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる