Carlan's Dream いまのきもち

アクセスカウンタ

zoom RSS シリア:イラク戦争の検証を活かしたイギリス議会

<<   作成日時 : 2013/08/31 14:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の京都新聞夕刊を見て、「お?」と思った。
市民がデモをするなどして、議会に働きかけたか。

テレビでも同様なニュースをしていた。





確か、イギリスはイラク戦争の検証を行っていたはずだ。
私も当時の首相、ブレア氏がしどろもどろ?になって答えている映像を見たことがある。
これらはきちんと、議会や市民に共有されたのだろう。
私は市民の思いと、イラク戦争検証の結果が今回の議会の決定につながったと思う。

そして議会の選択を受け入れたキャメロン首相は、すごいと思う。

武力行使で国民を排除したアサド政権に対して、まだ国民が残っているシリアに武力行使で制するやり方は懸命ではない。
なぜ、このような自体になったのか、それこそ検証は必要なので、アサド氏はじめ政権を担う人々を殺してもダメだ。
殺し合いしても、不要な憎しみしか残らない。
憎しみは新たな火種になる。
私が言うまでもなく、歴史がきちんとそうだと言っているし、各国のお歴々もわかっているはずだ。

日本政府もいつまでもアメリカの支持や行動に従ってばかりではダメだ。
日本以上にアメリカと仲の良いイギリスが英断したのだ。
真の国益とは何なのか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シリア:イラク戦争の検証を活かしたイギリス議会 Carlan's Dream いまのきもち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる